家屋オススメスポット学生の家屋のススメ

教え子の私のルーチンは、家を見て回ることです。
どうしても変わっているルーチンですが、これが至ってうれしいのですよ。
たとえば、表札うちを取っても、漢字で格好よく書いてある民家、ローマ字でくずして書いてある民家、文字が飛び出してある民家…様々な表札があります。
建っておる民家の組立も見てみると、別変わっていて、かなりおかしいですし、勉強になります。
といっても、わたしは建築学を専攻やるわけではありません。
実績学科ですし、やる事は国外の事です。
ですが、趣味としては自分のいる地域の家を見て訪ねるのがうれしいのです。勿論、自分の専攻です国外の家も好きなのですが、国外は簡単に行けませんし、今は、位で我慢してある。
日本の古くさい民家は、素晴らしいです。
私のふる里は、あまり地元のお客は指しませんが、徳川時期前には城下町としてさんざっぱら栄えた街路でした。最も一国一城令により、城は壊されてしまったのですが。
ただし、今でも城跡はありまして、私の週末の散策目論見は、その周辺を散策するケースとしてある。
古めかしい民家が多いのですよね。駅前で栄えている行き来が近くにありますが、それをちょい辞めるという、言わば別の時代に来たような気分になります。
想像してください。木造ではない新築の民家が建ち並ぶ、ビル通り。そこを些か別れるという、タイムスリップをしたように、人通りが少なくなるのです。
皆さんも、ひとまず、いる場所の周囲を、急がずに歩いて巡るという、明るいことがあるかも知れませんよ。ライン掲示板でID交換は危ない?

This entry was posted on July 31, 2016. Bookmark the permalink.