娘の発達を感覚中間だ

子供がこの春小学生に入学しました。
早朝は一団登校で、住宅の近くの詰め所から1年生から6年生までみんなで行くので安心なのですが、帰りは大勢1年生だけ。
中途まではお仲良しと一緒でも、離れた上最適行程を自らあるくことになります。
ひとまず防犯ベルを持たせていますし、おっきい路地をあるくので周りもあるし、滅多なことは起こらないというのですが、当然心配で…
少なくとも4月々の間は中途まで迎えに行こうとしていたのですが、入学ウィーク目にして自身に「来なくてよろしい」と言われてしまいました。
今は自らちゃんと帰ってきています。
でも、もう学院を出たあたりかなとか、此度あのスポットを歩いているかなとか、帰って来るまではふとドキドキしながら待っています(笑)
あんまり知り合いを見ないお子さんなので、車種にぶつかってないかとか、針路を間違えてないかとか、色々考えてしまって… 過保護なんでしょうか?
出掛ける時はしょっちゅう手法をつなぎたがる甘えっ子だと思っていたのですが、こういう短期間で甚だしく成長したような気がします。
何となくお姉さんになっちゃって、有り難いようなうら寂しいような、はなはだ複雑な機嫌…
養育していたらこれから先も、何度もそういった機嫌を行うんでしょうね。LINE掲示板でID検索しよう!

This entry was posted on July 4, 2016. Bookmark the permalink.